HERB NOTEへの思い

***café HERB NOTEと言う小さなお店の名前***

初めてHERB(ハーブ)という言葉を目にしたのは新聞の記事でした。
もうずいぶん前のことです、30年近く経っているかも。
名前だけ知っていたラベンダーの苗を見つけて育て始めた時だったので
記事を興味深く読んだのを覚えています。
何らかの形で暮らしに役立つ香りのある植物、大まかにいえばそういうことでしょうか。
たくさんの種類がありますね。
レモンバームやミント、カモミール、バジル・・・もちろんバラやラベンダーも。
夢中で本や、苗、種を探しては育てて香りや使い方を確認したのも懐かしい思い出。

HERBは育てる時に触れて香りを楽しむだけでもリラックスできるものがあるし、
お茶やお料理、入浴剤がわり、ハーブを染料として染色、ポプリ、ドライフラワーで
アレンジメントやリース作り。
まだまだたくさんの使い方がありそうですね。
楽しんでハーブを利用しているうちにいつの間にか元気になっていたり、心も身体もリラックスできていたり、体調がよくなっていたり。

種類や使い方、楽しみ方などハーブを手にした人が思い思いの利用法で楽しむことができたら
HERBの可能性がもっと広がるのでは・・・そう思って自分の趣味の部屋につけた名前が
HERB NOTE(ハーブノート)でした。
たくさんの使い道、楽しみ方を記録できるハーブのノート。
友人から誘われてHERB NOTEのタグを東京のお店に作ってもらったこともありました(1994年)。
布の作品を作る腕もお店を始める予定もないのに、ただ楽しかったのです。

畑でハーブを育てて楽しんでいるうちに、いつしかその場所は庭になりました。
小さな建物も加わってお茶を飲みに友人が来てくれるようになり、期間限定でオープンガーデンを
始めたのは2003年からです。
色々なことが起こった年ですが思い切って2011年11月café HERB NOTEをオープンしました。
週末だけのお店営業ですがもうすぐ5年になります。
途中何度か長期休業しましたし、これからもたぶん何事か起きてお店を休ませていただくことがあると思いますがゆっくり自分のペースで続けていきたいと思います。

ノートにハーブへの思いをたくさん綴ることができるようになれたらいいなあと思っているこの頃です。IMG_-3159